<< 「どとんとふやwebダイスはちょっといじれば出目いじれるからそっちの方が信用できない」 | main |
Twitter


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

【TRPG用語】複数卓に参加する際の単語

以下は私が決めた単語の定義である。他所で通じるとは限らない。私が説明する際に使うために書いている。ただ、あなたが誰かに説明する際に使っても構わない。


「TRPG の複数卓に同時に参加する」というと様々な捉えられ方をする。その捉え方の違いによる不幸なすれ違いを防ぐために以下に関係する言葉を挙げる。

いずれもより多くの卓機会を得ることが可能なのがメリットとなる。そのため、各手法のメリットは記載しない。ただし、私が思っているデメリットは記載する。その上で、各手段を肯定するか否定するかはこの記事では論じない。

ダブルライド

同一タイミングに実施される複数のセッションに参加すること。2つの場合ダブルライドだが、3つならトリプル、4つならクアドラプルとなる。ここではまとめてダブルライドと呼ぶ。例えば「3/5 20:00〜24:00 の卓」と「3/5 22:00〜26:00 の卓」の双方に参加する場合、これはダブルライドとなる。

これを行った場合、それだけの並列思考やタイプ速度などに起因する反応遅延によって卓進行の遅延リスクを負うことになる。

複数卓挙手

同一期間に実施されるセッションに同時に応募し、それぞれ時間を調整すること。例えば「3月中に実施し、日程は参加者間で調整する卓」と「毎週金曜日夜20時から定期開催の卓」の双方に参加することは複数卓挙手となる。

これを行った場合、数が増えれば増えるほど上述の例の前者のような卓のスケジュール調整が困難となり、他の参加者の卓機会を奪うリスクを追うことになる。

ハシゴ

同一の日に2つ以上のセッションに参加すること。ただし、ダブルライドとは異なりそれぞれの時間は異なる。例えば「3/6 10時〜18時の卓」「3/6 19時〜23時の卓」の双方に参加する場合、これはハシゴとなる。

これを行った場合、前者の卓で体力を消耗した上で後者の卓に参加することになるため、寝落ちなどのリスクを負うことになる。また前者の卓がオンスケジュールで終わらなかった場合、後者の卓とのスケジュール調整が必要となる。

posted by: しゅんしゅん | TRPG一般 | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 01:23 | - | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://syun2ej.jugem.jp/trackback/3451