<< TRPG Twitter 備忘録 | main | 「なりちゃしてたタイプの創作勢上がりのTRPG初心者にありがち」 >>
Twitter


技能紹介:プリースト

プリースト

概要

回復魔法と強力な補助魔法を行使し、味方を援護することを得意とする。攻撃魔法は苦手だが、対アンデッドの攻撃魔法は豊富で優秀。コンジャラーの性能に近い。しかし、コンジャラーとは異なる特徴として信仰する神を選択でき、それによって得意とする分野が変わる。

「魔法使い系技能」であり A テーブル技能 (経験点は重め)。

基本ルールブック1掲載であるため、どんなセッションでも使える。

役割

コンジャラーと同じく回復魔法と補助魔法を得意とする。

補助魔法の効果はコンジャラーのそれよりも強力なものが多いが、役に立つ場面が限定されるものが多いので注意。具体的には蛮族やアンデッド相手でなければならないものが多い。

回復魔法は HP の回復を早い段階から使いこなす。しかし、それ以上に状態異常回復を覚えるのが強みであり、コンジャラーに比較してアドバンテージとなる。状態異常を使ってくる敵が多い話であれば力を発揮しやすいだろう。

攻撃魔法はさほど得意ではない。ただし、アンデッド相手であれば味方を巻き込まずに範囲攻撃ができるし、回復魔法でダメージを与えることもできる。できないわけではない、程度に覚えておくと役に立つかもしれない。

高いことが求められる能力値

コンジャラーと同じく、知力よりもむしろ、精神力が重要である。味方全体に回復魔法や補助魔法を放つ機会が多いからだ。次いで知力だろうが、相手の抵抗を抜かなければ効果を発揮しない補助魔法よりも味方に確実に効果を発揮する魔法を使ったほうが良い、と割り切るのも良いかもしれない。

ソーサラーやコンジャラーとは異なり、鎧の制限がないので生命力だけでなく筋力があってもうれしい。

欲しいアイテム

相手の抵抗を抜く必要性がコンジャラーと同じく低いので、MP の増強を考えたい。魔晶石を買うのが良いだろう。また、鎧もいいものを着れるのでそれに投資するのも悪くない。ないしは、仲間のファイターの防具に投資し、そのおさがりを着るのも悪くないかもしれない。

お勧め戦闘特技

魔法制御の必要性は薄い。最初は魔法拡大数を習得するのが良いだろう。他には MP 軽減や距離拡大がほしい。ただ、鎧が着れることを活かして魔法戦士を目指すなら鎧習熟や魔力撃も考えたい。プリースト専業だとあまり悩まないが、兼業にするととたんに厳しくなる。

その他、ロールプレイ的な話

信仰によってキャラクターの思想がある程度固まる。そのため、ロール指針が明確でありロールがやりやすいだろう。ビギナーが最初にやるには前進志向なファイターと並んでやりやすいタイプだろう。同じ陣営でも仲の悪い神もいるため、あえてそこで仲の悪い神を信仰するメンバーをおいておくことでコミュニケーションのきっかけにできるかもしれない。話のアクセントにしやすいので、最初からちょっと変わったものをやってみたい人にはお勧め。

ファイターと同じく前進するモチベーションを出しやすく、ファイター技能との相性も良いのでファイタープリーストの魔法戦士 (神官戦士と呼ばれる) はロールの面でもお勧め。

世界観的に、なんらかの信仰を持っていたらそのプリースト技能を持つのが普通、というわけではない。一般信徒が全員プリーストを持っているわけではない。さらに、教職者ならプリースト技能を持つ、とも限らない。神殿の業務をこなすにはクレリック技能という別の技能が必要であり、神聖魔法を用いるにはプリースト技能が必要である。

なお、他ゲームから連想されるようなパーティに必須の技能というわけではないのでパーティにいなくてもなんとかなる。回復はコンジャラーやフェアリーテイマー、マギテックでも可能なので。

posted by: しゅんしゅん | SW2(ソードワールド2.0) | 00:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 00:45 | - | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://syun2ej.jugem.jp/trackback/3441