<< 『はじめての』プログラミング -Scratch で簡単にやる- | main | Web Font をためしてみた >>
Twitter


最近の勉強……

情報セキュリティスペシャリストの資格を取ろうかな、と思っている。なんでこれを今取るのか……趣味である。完全な趣味である。

情報セキュリティスペシャリスト試験は独立行政法人であるIPA 情報処理推進機構が主催している資格試験の1つである。1つである、というのは情報処理技術者試験というシリーズの1つであるためである。この試験は次のような区分にわかれている。詳しくは情報処理技術者試験の試験要項に掲載されている。

レベルタイトル要求水準
1IT パスポート試験 (IP)社会人としてこれくらいはできて欲しい、というレベル
2基本情報技術者試験
(FE 基情)
IT の人間としての一般的な知識・技術
IT 専攻の大学卒業程度
3応用情報技術者試験
(AP 応情)
IT の人間としての応用的な知識・技術
一端の技術者程度
4高度試験
情報セキュリティスペシャリスト試験
システムアーキテクト試験
等々
高度で専門的なレベル
その部門をリードする立場

ちなみに友人はDQ3 で例えると基本情報がカンダタ撃破程度。応用情報がバラモス撃破程度といっていた。

ちなみに、IT 系の就活の観点から考えた場合必ずしも必要な資格群ではない。どちらかというと最低限の実力を保証するものである。企業は次のように思うわけだ。「FE を持っているということは最低限の知識・技術はある。面接トーク術しかない人間ではない」……と。高成績を有してなくても企業はそう思ってくれるだろう (余程の低成績なら別かもしれないけど)。自分の実力を他の手段で示すことが可能なら特段必要ではない。それでも客観的指標としての価値は大きいし履歴書に書ける満足感は得られる。僕は持ってないけどね……いいんだよ、これからとるんだから。

同じ試験を受験しようとする方々が参考になったら嬉しいので何を使って勉強しているのか今回は紹介する。

色々調べた結果、次の本を推薦している人が多かったのでとりあえずこれを購入。一度読んでみた。

情報セキュリティスペシャリスト

情報セキュリティスペシャリスト
著者:村山直紀
価格:1,470円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

上で紹介した情報セキュリティスペシャリストのポケットスタディをひと通り読んだ上で下の過去問集を解いてみている。

これで受かるかどうかはまだ分からない。受かったらいいなぁ。次の試験は2013年の春、4月の第三日曜日だと思われる。

posted by: しゅんしゅん | 学び | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 22:41 | - | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://syun2ej.jugem.jp/trackback/3360