<< < to &lt; & &lt; to < | main | そうだ、Ruby やろう "Amazon" >>
Twitter


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

そうだ、 Ruby 、やろう "Twitter してみる"

キンパチの為に気軽な投稿システムがほしいなと思って作成がてらメモ。関連するページは以下。

下準備

ライブラリ

とりあえず gem をぶち込む。

$ gem install oauth
$ gem install twitter

gem 本体をそもそもまだ入れてないのであれば RubyGems.com からダウンロード・解凍し、解凍したフォルダ内で以下のコマンド。

ruby setup.rb

アプリ登録

My Application から登録を実施。以下は書く必要がある。

  • Name: アプリの名前。お好きにどうぞ
  • Description: アプリの説明。お好きにどうぞ
  • Web Site: アプリの設置サイト。特にそういう予定がないのであれば自分のブログでも Twlog でも載せとけば良い

設定をいじり、アプリから閲覧のみではなく投稿を可能にする。詳しくは次の画像を見ると良いだろう。
投稿を可能とするセッティング

Ruby で書いちゃう

書いたコード

以下のようになる。

RubyTwitterExample.rb

# -*- coding: utf-8 -*-
# ライブラリ関係
require 'rubygems'
require 'oauth'
require 'twitter'

# アプリに関する秘密の情報を用いてログイン
Twitter.configure do |config|
  config.consumer_key = $CONSUMER_KEY
  config.consumer_secret = $CONSUMER_SECRET
  config.oauth_token = $ACCESS_TOKEN
  config.oauth_token_secret = $ACCESS_TOKEN_SECRET
end

# ついーとしてみる
puts "ツイートしたい文を入れてみてください"
$string = gets()
Twitter.update($string)

実行

$ ruby RubyTwitterExample.rb

秘密の情報を用いてログイン

秘密の情報はアプリのメイン画面で見られる。次の画像を見てもらえればわかるだろうか?
4つの秘密の情報

ツイートを所得する

以下にサンプルを記載する。A field guide to Twitter Platform objects と併せて読めば色々わかってくると思う。

# ログインとかは省略。

# mention を拾う
Twitter.mentions.each{	|tweet|
     puts tweet.text # mention のツイート文章を表示
     $mentionUser = tweet.user # mention を飛ばしてきたユーザを代入
     puts $mentionUser.name # ユーザ名 著者なら しゅんしゅんひよこ
     puts $mentionUser.screen_name # スクリーンネーム 著者なら Shunshun94
}

# 自分の (ログイン済みユーザの) TL を拾う
Twitter.home_timeline
# 指定したユーザの発言を拾う
Twitter.user_timeline("Shunshun94")
# 指定したユーザの情報を拾う
Twitter.user("Shunshun94")

これだけあれば Cron と組み合わせて bot くらいは簡単に作れるはず。

posted by: しゅんしゅん | 学び | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 14:03 | - | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://syun2ej.jugem.jp/trackback/3342