<< 近況報告 | main | 遺伝論 ハリー・ポッターで >>
Twitter


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

Bibtex 使い方メモ

自分用メモ。 Bibtex の使い方

文献データの書き方

書式

@[種別]{[TeX 内での名前],
[項目] = [内容],
[項目] = [内容],
[項目] = [内容],
.
.
.
[項目] = [内容]
}

@book { anpanman-zukan,
author = "やなせ たかし (著), トムスエンタテインメント (著), キョクイチ= (著), 水島 定昭 (監修)",
title = "アンパンマン大図鑑―公式キャラクター2000 [大型本]",
publisher = "フレーベル館",
year = "2007"
}

論文

@article{土屋1987ヒッポリュトスの,
title={{ヒッポリュトスの 『使徒伝承』 のエキュメニカルな意義}},
author={土屋吉正},
journal={カトリック研究},
year={1987},
}

Web

@misc{nekobako,
author = "月影留樹",
title = "{陸戦型ダンボール箱}",
howpublished = "http://nekobako.sh4.jp/"
}

TeX 側からの引用

本文中での参照

書式

¥cite{[TeX 内での名前]}

陸戦型ダンボール箱¥cite{nekobako}によると、ドイツ軍は……

参考文献リスト

書式

¥renewcommand{¥bibname}{参考文献} ¥bibliographystyle{junsrt} ¥bibliography{[bibtex ファイル名]}

bibtex ファイル名は拡張子を含まないので注意

¥renewcommand{¥bibname}{参考文献} ¥bibliographystyle{junsrt} ¥bibliography{mybibtex}

実行

大体の方法

前提として以下のようにしてある、と考える。してない場合は入力の際に入れること

alias platex='platex --kanji=utf8'
alias pbibtex='pbibtex --kanji=utf8'
  1. platex [TeX ファイル 拡張子も] TeX 中の文献参照データを吐き出し
  2. pbibtex [TeX ファイル 拡張子抜き] 文献ファイルから文献参照データで必要なものを抜き出し
  3. platex [TeX ファイル 拡張子も] TeX を dvi にして
  4. platex [TeX ファイル 拡張子も] 相互参照を解決

  1. platex form.tex
  2. pbibtex form
  3. platex form.tex
  4. platex form.tex

ありがちなミス

  • 文献データに必要な , を入れ忘れる。 TeX 内での名前の後にも必要な点に注意

楽したい場合

Google Scholar

Google Scholar 最強伝説。 Bibtex 書式が簡単に手に入るぜ!

Google Scholar における bibtex 入手方法 Google Scholar における bibtex 入手

Amazon

Lead2Amazon を使えば Amazon のデータをすいすい bibtex 化出来るよ! 例:ポケットモンスターブラック・ホワイト 公式完全ぼうけんクリアガイド (メディアファクトリーのポケモンガイドシリーズ) [単行本(ソフトカバー)]

CiNii

論文ナビゲータ CiNii からも簡単。

CiNii から引っ張ってくる

一番簡単な手段

既存の文献データをコピペせよ

posted by: しゅんしゅん | 学び | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 15:24 | - | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://syun2ej.jugem.jp/trackback/3245