<< こうなりたい | main | CS教育論 10 -主のご計画に従って5 実践メモ- >>
Twitter


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

ポケモンカードコンプリート論

デイケアにて。「『ポケモンカードを全て集めた』という奴がいるが嘘つきだ」と言っている子がいた。話を聞いてみると、確かに若干無理のある話だ。

ポケモンカードゲーム トレーナーズウェブサイトによると、現在ポケモンカードは2366種類あるらしい (記事執筆時確認)

これを全て集めるのには骨が折れるだろう。なによりお金がかかる。どれくらいかかるのかを計算してみた。

計算のルールは次のとおりだ。

  • 1枚30円で買うものとする
  • 全てのカードが均一の確率で手に入るものとする

今回は手にはいるのに買わなければならない枚数を 手に入る確率の逆数枚 と置いた。つまり、50%の確率で手に入るカードを手にするには2枚、20%の確率で手に入るカードを手にするには5枚買う必要がある。

計算プログラムのソースコードは次のようになる。

n = 2366 #カードの総枚数 cost = 30 #カード一枚のコスト total_cost = 0 #合計金額 n.times do |i| total_cost += cost * (1 + (i / (n - i) ) ) end #結果表示 puts "#{total_cost}"

結果は562500円であった。思ったより現実的な金額である。

この計算方針で良いのかは若干不安……30秒で考えた計算方法なのだから。

posted by: しゅんしゅん | その他 | 23:35 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 23:35 | - | - | - | - |
コメント
 
2010/06/05 6:28 PM
Posted by: しゅんしゅん
気づいた。やけに小さい値だな、と思ったが小数点以下の計算はどうなっているのだろう、これ…
2010/06/05 8:59 PM
Posted by: しゅんしゅん
小数点以下が案の定切り捨てられていたので計算し直してみた。

それでも60万に行かなかった件。









トラックバック
 
http://syun2ej.jugem.jp/trackback/3117