<< 2010年度時間割表 | main | 研究室の >>
Twitter


アリアンロッドキャラ作成用メモ

TRPGアリアンロッドのキャラクター作成用メモ。

とりあえず最初に決めると良い物

「さぁ、キャラクターを作れ」と言われても困るので、最初に入るべきポイントを考える。すると次の二つからどちらかだと思われる。

  • 種族
  • クラス
このどちらかをまず決めてしまえばもう片方も決めやすいだろう。


種族

種族は以下から選択する。名前の左が舞台の世界「エリンディル」での正式名称。右が最も反映している種族ヒューリンが呼ぶ時の一般的な名称。

ヒューリン/ヒト

能力が平均的な種族。舞台となる世界で最も繁栄している

エルダナーン/エルフ

温厚で思慮深く、長命。背が高く細身。身体能力は低いが知力・精神力が強く、魔法使い系に向いている

ネヴァーフ/ドワーフ

背が小さく、男性は太めで立派な顎髭を持つ。女性は子供に似ている。体力があり器用でもあるが動きが遅い。戦士に向いている。

フィルボル/小さき人

背が低く陽気で温和。だが、動きは素早く精神力も強い。シーフ向けだろう。

ヴァーナ/野なる人

兎、猫、狼等の動物的特徴を持つ以外は人とほぼ同じ。動きが素早く感覚も鋭いのでシーフに向いている。

ドゥアン/剛なる人

頑強な肉体と精神を持ち、厳しい自然に住む。ヴァーナと似て動物的特徴を持つが、それは角や牙爪、翼である。戦士に向くだろう。


種族を決めれば向いているクラスが見えてくる。そこで合っているクラスを選択すれば間違いはないだろう。もちろん、合わないクラスをあえて選ぶのも面白い選択ではある。


クラス

クラスとは何か。PCは "冒険者" を職業とする。だが、同じ職業の中でも色々な担当部署があるだろう。現実世界ならば、「食品会社勤務」でも「営業」や「開発」、「人事」等と分かれるはずだ。これらを決めるのが "クラスである。"

クラスは メインクラス と サポートクラス に分かれる。まずはメインクラスを決めるべきである。メインクラスは以下の四つである。

  • ウォーリア
  • アコライト
  • メイジ
  • シーフ
これらの中で1つを選択する。

ウォーリア

戦士。戦闘の華。最前線で敵と剣を交え、仲間を守る。頑強な肉体が求められる。

アコライト

聖職者。神々の力を借り、仲間を癒したり守ったりする。地味だがパーティの安定力。

メイジ

魔法使い。精霊の力を引き出して攻撃したり武器を強化したり。体は弱くともその知力と精神力で勝負する。

シーフ

盗賊。別に犯罪者ではなくとも、そういった技能が求められる場面は冒険者には多い。情報収集やダンジョンのトラップ解除を担当するが、戦闘でも敏捷性を活かして仲間を助けたり、敵を翻弄したりする。


以上の四つがメインクラスである。つまり、冒険者の役職は四つに大別できる、という事である。これに加え、メインクラスをサポートするクラス、サポートクラスを持つ。サポートクラスは上記メインスキル四つに加え、以下の六つ、合計十から選択が可能である。メインクラスと同じクラスをサポートクラスに設定して特化することも可能だし、弱点を補う様なサポートクラス、利点を伸ばすようなサポートクラスの選択も可能である。

サムライ

東方の戦術を用いる戦士。ウォーリアと比較して攻撃能力に特化したクラスだ。

モンク

自分を鍛え上げる修道士。持久力に優れている。ウォーリアの攻撃を抽出したのが侍なら、防御を抽出したのがモンクとも言えるだろう。

サモナー

動物の王を召喚して魔法を用いるクラス。どんな場面でも有効な魔法を使える上、豊富なMPを使い魔を持つ事で確保する。メイジ・アコライトのサポートとして強力だろう。

レンジャー

弓矢と自然を用いて戦う事が出来るクラス。ウォーリアやシーフのサポートに良いだろう。

バード

吟遊詩人。呪歌を用いる。味方をサポートし、敵を妨害する。アコライトやシーフと相性が良い。

アルケミスト

錬金術士。攻撃も回復も行える上に銃を用いて戦う事も出来る。どんなクラスとも合うだろう。


以上の組合せによって、色々なクラスのキャラクターが作れる。なってみたいキャラクターに合うクラスの組み合わせを作り、そこから合う種族を決めるのも良いだろう。

能力値決定

基本能力値

能力値は以下の要素で決定される。

  • 種族の基本能力値
  • 能力値ボーナス
まず、種族の基本能力値 (るるぶ p.69)で該当する種族を選び、そこに5点のボーナスポイントを自由に加算する。このボーナスポイントは迷ったら能力基本値表上のクラス修正表にある推奨能力値を参考にすると良い。

能力値ボーナス

値が決まったが、冒険の場で多用する値はこの値ではない。ここで求めた値は "基本能力値" と呼ばれる値である。多くの場面で使われるのはこの値を6で割って余りを切り捨てた値 "能力ボーナス" である。能力ボーナスは以下の要素で決定される。

  • 基本能力値からの算出
  • クラスボーナス
基本能力値から算出された値に、クラスごとに与えられているボーナス点を加える。値はクラス修正表 (るるぶ p.69) を見る事。ウォーリアならば筋力、器用、敏捷である。メイン・サポート同じクラスを選んでいた場合はそれぞれに2が加算されるし、別ならばそれぞれの値が加算される。

HP と MP

HP, MPは以下の式で計算される。

  • HP 筋力の基本能力値 + メインクラス初期HP + サポートクラス初期HP
  • MP 精神の基本能力値 + メインクラス初期MP + サポートクラス初期MP

行動値

戦闘での行動順を決めるステータスである。以下の式で求める。

  • 行動値 敏捷ボーナス + 感知ボーナス
基本値ではない点に気をつける事。


スキル

現実世界の営業は色々な方法で契約を勝ち取る。酒の勢いで勝ちとってくるのが得意な人もいれば、粘り強い交渉で勝ち取る人もいるだろう。また、相手をおだてるのが上手い人もいるかもしれない。同じ結果を求めていても手法は異なる。クラスも同様であり、同じクラスでも違う技能……スキルを持つ。スキルは大別して以下の三つである。

  • 種族スキル
  • クラスキル

種族スキル

種族特有のスキルである。るるぶ p.82以降のリストを見て、自分のポジションにあった物を選ぶとよいだろう。所得したスキルによっては能力値に変動が発生するのでその場合は修正する事。

クラススキル

クラススキルは大別して2つである。

  • 自動習得スキル
  • 選択習得スキル

自動習得スキル

自動習得スキルはその名の通り、そのクラスに所属する者は必ず覚えられるスキルである。メイン・サポートの両方から取れるが、メイン・サポートが同じクラスの場合は性能が上がる。具体的にはLvが1高い物として扱われる。

選択習得スキル

メインクラスから2つ、サポートクラスから1つ習得できるスキル。ただし、メインからは2つではなく、Lv2で1つ習得することも可能である。メインとサポートが同じならば3つ習得できるが、3Lvで覚えることはこの時点では出来ない。困ったらパッシブから取るのと良いだろう。


ライフパス

キャラクターの設定に関わるステータスがライフパスである。以下の三つを設定する。

  • 出自 生まれ育ち
  • 境遇 PCの過去
  • 運命 PCの未来
ROCで決める、つまり自由に選んでもサイコロで決めても良い。表はるるぶ p.60以降に掲載されている。出自はステータスに変化をもたらすので注意する事。

アイテムの購入・装備

アイテムを500G以内で購入する。アイテムはるるぶ p.130-139に掲載されている。両手の合計、頭部、胸部、装身具それぞれの装備と加えて所持品合計重量はどれも筋力基本値を超えてはならない。



データとしては以上で完成である。後は名前や身長等を決めてやるとよいだろう。ライフパスに従って詳細な設定をGMと話しあっておくとシナリオに絡みやすいし、GMもやりやすいだろう。

posted by: しゅんしゅん | TRPG一般 | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 22:33 | - | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://syun2ej.jugem.jp/trackback/3032