<< キャンペーン第六回 | main | カンボジア宣教メモ >>
Twitter


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

受験と性

 従妹のブログからのネタ。

 記事の概要は次の通りである。すなわち、従妹は受験生であり、入試が終わるまではブログ更新を自粛する、と。


 さて、彼女の従兄である私は元受験生……もう10年近く前になるが……なのでアドヴァイスをするわけである。
ざっとまとめるとチョコレートを持ち込むと良い、という事と緊張をほぐす為には当日は無理な詰め込みを避けるべき、という事である。これは私の中学受験で受けた内容をそのまま伝えた物である。


 だが。私の後に続いた従妹への応援・助言のコメントが非常に面白かったので以下に一部を引用する。
尚、この引用は件の記事にコメントなさった方の知的財産権等を侵害する明確な意図を持って書かれたものではなく、本人もしくは従妹(blog管理者)及びそのコメントの関係者からの要請があれば直ちに引用を止める事をここに記しておく。


前のコメのお姉さんのはすごいいいアドバイスなのに・・・。

 残念ながら私は女性ではない。
年上の女性、という意味での『お姉さん』だと思うのだが、私はお姉さんではない。
確かに、感嘆符を用い丁寧語で書いた。チョコレートや漫画といった従妹にとって非常に身近な物を用いたアドヴァイスを書いた。携帯にメールをくれれば質問にもある程度こたえられる、とまで書いた。この様なやり方を見て女性と勘違いするのはある意味で仕方ないのかもしれない。女性特有の気遣いを感じたのかもしれない。だがそれは相手が従妹であり他の人に比べ私が従妹に関して理解をしているため可能な話であって私は断じて女性ではない。
女性ではないんだ。ついでに言えば友人の女の子から極めてプライベートな相談を受けた時も『その相談って恋人ではない男の子にはしにくくない?』と尋ねたら『だってしゅんしゅんは女友達だもん』と返答されたこともあるが (この女友達には素敵な彼女に相応しい同性から見ても素敵な彼氏がいる事を付け加えておく)。それでも私は男の子です。
従妹にも『男の娘』とチャットで呼ばれた事があった気もするが私はあくまで『男の子』だ。


 また、このコメントを従妹に送られた方の名誉のために次の事も記しておく。
このコメント者が従妹に送られたアドヴァイスは経験に面接に関する極めて具体的なアドヴァイスである。加えてコメントによれば一つ上の方、つまり1年前の経験に基づくアドヴァイスであり、私のそれに比べて鮮度が高い。この事から極めて有用なアドヴァイスであったし、受験面接経験が無い私には絶対にできないアドヴァイスだった。
しかし、この記事の本題からはそれるのでその部分は引用しない。

posted by: しゅんしゅん | その他 | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 00:41 | - | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://syun2ej.jugem.jp/trackback/2953