<< 今日(明日)は | main | 激闘!下級科夏季聖書学校 後編 >>
Twitter


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

激闘!下級科夏季聖書学校 前編

激闘、と書いてもまんざら嘘じゃないから困る。

念のため言っておくが、来週の月曜・火曜(28,29)はテストである。
科目は
月:数理モデル解析1、プログラミング基礎1
火:情報数学2、計算機概論、メカトロニクス、現代社会の諸問題
……プログラミング基礎はがんばる。情報数学はあと確認だけ。メカトロも勉強した。後の三科目が難関すぎる。数理モデルは言うまでもない。とても難解な問題の前に私は勉強しても無力な事が分かっている。それでも、ある程度は点を取らなければならない。単位の為である。そして、計算機概論と現代社会の諸問題。前者はなんとかなるかもしれない。コンピュータに関する基礎知識の授業だ。好きな分野だから、勉強できる。問題は公社、これは社会、私の好きな分野……と言いたいところだが、授業がつまらなすぎた経済学の授業である。そして、圧倒的なプリント枚数。知識ゼロから積み上げなければならない。死が見える。
主に仕える』『単位も取る』。“両方”やらなくっちゃあならないってのが“クリスチャン学生”の辛いところだな。覚悟はいいか?オレはできてる

今回の夏季学校、講師はインドネシア宣教師、テーマは喜び。

※執筆は26日


そんな訳で、私は朝八時に自分の所属教会に到着。下っ端に遅刻は許されない。
他の先生達も次々に到着、八時半から生徒が到着し始めた。



今回の注目メンバーを列挙してみよう。
まずは、家庭の事情等でしばらくこれなかった生徒たちだ。彼らがすぐに再び集う事は困難でも、ここでCSを印象付けて、再び求める時に来れるようにしたい。いや、すぐに再び集えればベストですが。
教会は初めて、という生徒。この子はCSに通っている生徒が誘ったのだ。この子は女の子だった関係もあってあまりかかわる事が出来なかった。残念。
いつも来ている三年生の男の子。この子は多動の気がある。他の生徒を意味もなく押しのけたり叩いたりして回る上、何かに興味を示すと執拗に追い回す。この子にはベテランの科長がいつもはついているのだが、一日中ついているわけにもいくまい。だが、彼は生徒のうちの誰よりも賢い……と僕は思っている。聞いてないようで先生のメッセージを聞き、先生が答えに詰まるような難しい質問を平気でする。彼に悪気はない、純粋に質問しているのだ。彼が成長した時の姿がきわめて楽しみである。ちなみに、付属幼稚園出身ではないので、聖書を持っていない。強い興味を持っているので是非与えたいのだが。
最後に、二年生(CSのシステム上は一年生。一年遅らせている)の女の子。この子、非常にラブリー。目がやばい。本当にやばい。抱きしめたくなるくらいやばい。断じて私はロリコンではない、年上趣味だ。その私がこう言うのだからどれだけのものか分かるだろう。だが、彼女もまた、前に紹介した男の子のように大きな「とげ」を持っている。自閉症なのだ。普通のコミュニケーションはできない。想定外の刺激を受けると壊れる。正直、この子に関しては私には良く分からない。同期(一年生)の子達が彼女をカバーする事を厭わないという事実の前に私はただ狼狽するのみである。
彼ら以外にも個性的な生徒がそろっていて一人ずつ紹介したいのだが、省略。



最初に賛美をしながらメンバーがそろうのを待つ。



見学へ出発。教会の大型バスで移動。少々強引に生徒を詰めた感じで出発。隣の生徒が騒ぎ過ぎた関係と前の方に座っていた関係で酔った子が出た(バスは前と後ろが最も揺れるため酔いやすい)。即座に手元にあったアクエリアスを担当教師に渡した私GJ。
六都科学館で見学。子供達は多大な興味を示しながら展示を回る。時間の都合で半分程度しか見て回れなかったが、理系な生徒にとってはあまりにも面白い展示であったと思う。文系な生徒にも面白いとは思うが。
皆で昼食を食べるのだが、見学からなかなか戻らない生徒の関係でなかなか始められず。しかも、その生徒が私ともう一人の先生の管轄だった関係でorz
その後、再び各展示を回る時間を少しだけ持ち、プラネタリウムへ。なるほど、夜空を眺める、というのもなかなかロマンチックでいいじゃないか。本音を言えば、生徒達とではなく、可愛い女の子を連れて来たかったが、クリスチャンプログラマーにはそんな事は許されない、というは偏見だろうか。だが、夜空の世界に没頭する私は間違いなく乙女。乙女なのだ。異論は認める。
その後、遊ぶ施設で少し遊ばせて帰る。



帰って、少しのんびりしたらお風呂へ。ラブリーな女の子が行かない、と先生に意思表示したので、先生を一人残しておいて行く。
男性の先生はわずか3人、これで約15名を管理、多動の子がいて、その子には一人つきっきりなので実質一人7名を管理。……出来るかっ!!!!
近くの銭湯へ。騒ぎまわる生徒。周囲のお客さんにはいい迷惑だ、本当に。すみませんでした。しかも、拭かないで脱衣場に上がるのな。私も家ではそうするけど、外出先ではさすがに拭いてから出るぞ?
でも、色々なお風呂(マッサージとか電気とか)があって面白かったかもね。



戻って夕食……と言いたいのだが、講師のインドネシア宣教師の先生がいらっしゃっていた。そして、事前情報でプロジェクターを使うと聞いていたので、食事を食べないでその設定へ赴く。冷房を入れていない上、窓を閉め切っている礼拝堂(換気を考えたら、夏と言う事を考えたら開けろよな、と思うが)で、もくもくとセッティング。コードの雄雌が合わなかったりしてコードを調達したり。PCの解像度をいじるとかしてみたり。少なくとも、今回の教師陣にこれが出来る人は私だけだったかもしれない程度のセッティング。
これをやっている間、何度か食道から悲鳴が。女の子の悲鳴。それも例のラブリーな子の。ああ、なんかあったな。



食堂に戻ると、賢い男の子が「あせもができちゃったんだって、かわいそうだね」と教えてくれる。それだけじゃないよな、と思いつつもお礼を言い、食事へ。
食事はカレー。子供向けに辛くないながらも、ニンニクが入っている関係で刺激のある味となっていて、私は好みの味だ。また、サラダも出たのだが、食べられない子、案外多いのね。
食事後にインドネシア宣教師の先生がクイズを出してくださる。ここはミッションレンジャーとして安定して回答しておく。インドネシアの金銭単位だけ間違えた。ルピア、らしい。



礼拝。賛美の後に先生のメッセージ。「よろこびどろぼう」の話。喜びは盗まれてしまう。その喜びを盗む泥棒は誰だ、という話。喜びは福音から湧いてくるものだが、それを罪が盗む。
その後、分級。ワークブックをやる。皆で聖書を読んだり、クイズに答えたりしていく内容。



レクリエーションの時を持つ。三つのチームに分かれて、賛美イントロクイズ、私は誰でしょうゲーム、ジェスチャーゲームをする。
二つ目は分からない人がいると思うので紹介すると、ある人(ここでは聖書の登場人物)が答えなのだが、その人を与えられたヒントから当てる、というゲーム。一般的に、徐々に分かりやすいヒントになっていく。私の出したクイズをここでは引用したい。順番のひとつずつ出した(ひとつヒントを言う度に生徒に回答権を与えた)

 ヒント
同じ失敗を二度した
子供も同じ失敗をした
二つの名前を持っている
罪深い町の取りなしをした
二人の子どものお父さん
信仰の父と呼ばれる
聖書の最初の方に出てくる
奥さんの名前はサラ
自分の子どもを神様に捧げよと言われて捧げようとした
その子供の名前はイサク
 答え
アブラハム(生徒は五つ目のヒントで正解)


 ヒント
妻の名はツィポラ
兄が一人、姉が一人
人を殺した事がある
話すのが下手
姉の名前はミリアム
杖を使って多くの奇跡をなした
名前は水の中から拾われたことから
兄の名前はアロン
エジプトの王子
神様がイスラエルを救うために用いられた
 答え
モーセ(生徒は二つ目のヒントで正解)


 ヒント
新約聖書の登場人物
キリストではないかと間違われた事がある
生まれる前に天使がその父にその子が生まれる事を教えた
当時の王、ヘロデに殺されている
その母はイエス・キリストの母マリアと会った事がある
父の名はザカリア、母の名はエリザベト
イエス・キリストの半年前に生まれている
英語だとジョン
イエス・キリストとヨルダン川で会っている
その時にバプテスマを施している
 答え
ヨハネ(生徒は六つ目のヒントで正解)

特に、モーセに関しての脅威の回答速度に驚いてほしい。そして、アブラハム関連の知識量も恐るべき水準にある。最初二つのヒントはマニアにしか通用しないヒントだ。だが、それと次の三つでアブラハムと確定したのは驚くべき知識である。



その後、色々あって就寝時間。なかなか寝てくれない。私も疲れているのだが、とても寝つける状況ではない。寝たい生徒もいるのだから黙ってくれ。
また、ちょっと寝る時にパニックを起こした子供もいた。ホームシック、だろうか。ベテランの先生が対処。



また明日。
posted by: しゅんしゅん | クリスチャン的な | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 22:20 | - | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://syun2ej.jugem.jp/trackback/2204