<< DQ5 - 24 | main | NScripter学習-初日-1 文字列の表示 >>
Twitter


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

発見

物理に関して。授業中に私は重大な発見をした。
まずは画像を見て欲しい。
コイルを含む回路
この画像に関して説明しよう。


最初、スイッチが上向きに入ったとき、この回路に電気が流れる。
だが、この回路は、『コイル』(左の図の右端にある物)を含んでいる。
このコイルに電気が流れると、コイルは磁石となるのだ。
しかし、コイルには『自分の磁石としての状態を保とうとする性質』がある。
よって、元々磁石で無いコイルは磁石になりたくないので、電池に逆らって電流を流す。

だが、しばらくすると、電池に従って、ただの導線と同じようになる。
ここで注意して欲しいのは、電池に逆らっては居ないが、磁石にはなっている事。

さて、スイッチを下向きにしてみよう。
すると、電池から電流が流れなくなる。コイルにも電流が流れなくなる。
よって、コイルは磁石ではなくなるのだ。
しかし、コイルは磁石であり続けたい。状態を保存したいという性質があるからだ。
だから、コイルは電流を自ら流し、電池が有った状態であろうとするのだ。


ここまで、理解していただけただろうか。
つまり、最初は電池に逆らい、最後は電池が有った状態を保とうとするのだ。
さて。これに関して考えてみよう。
最初は電池に逆らう。
だが、徐々に電池に従って行く。
そして、最後には去ってしまった電池が有った状態になろうとする。
これは……どこかで見た事が無いか?
この文章を読む人の半数には馴染み深い単語が連想されるはずだ。
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
そう……
……
……
最初は電池に逆らう
(コイルが電池を意識して冷遇している)
だが、電池に徐々に従っていく
(コイルが電池を認め、好意を持ったりしている)
最後には去ってしまった電池が有った状態になろうとする
(電池にべたべたと甘えたり、従順だったりしている)
……
……
気づいただろう……?
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
1st. step
相手の事を嫌っている・見下している、全ての人との関わりを拒絶している、普段とても強気である、等の状況により相手を意識して冷遇する状態。
2nd. step
何らかの事件により相手を認めたり好意を持ったりした状態。ツン状態を維持しようとするもしきれず、所々に照れや好意が見え隠れしてしまう。
3rd. step
恋人になる、家族になる、アルコールが入るといった事情によりツンが払拭され、相手にべたべたと甘えたり、相手を甘やかそうとしたり、相手に従順だったりする状態。
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
……
コイルは、ツンデレなのだよっ!!!

参考 ツンデレ(Wikipedia)
posted by: しゅんしゅん | その他 | 19:33 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 19:33 | - | - | - | - |
コメント
 
2006/11/13 9:29 PM
Posted by: 離凛
えええええええええええっっっ

それは無いだろ!いや、確かに理論は合ってるんだが。
んなバカなっ(動揺

コイルがツンデレ…………


君はいい発見をしたと思うよ(何
2006/11/14 11:00 PM
Posted by: しゅんしゅん
私個人ではノーベル賞ものだと思っております。
2006/11/14 11:06 PM
Posted by: 天蛍のえる
うぁ、なんかいつの間にかマッディなブログが出来てる・・・
2006/11/14 11:24 PM
Posted by: しゅんしゅん
マッドで無い私に何の価値がある?

……
と言い切れるくらいマッドな私を目指します。









トラックバック
 
http://syun2ej.jugem.jp/trackback/1012